ヨーグルトに含まれる乳酸菌について知りたいへようこそ

ヨーグルトの起源は、色々な説がありますが、
はっきりとしたものはありません。

 

たとえば、以下のような説があり、実際に、どの説がヨーグルトの起源なのか、
他に、違う説があるのか・・・・など分かっていません。

 

しかし、乳酸菌は、自然界に広く存在している菌です。

 

乳を保存する過程において、自然に発酵乳になってしまうという偶然は、
あり得ることです。

 

ですから、人が家畜を飼い、その乳を食用としていたところでは、
自然に発酵乳、つまりヨーグルトが発見され、
食されてきたのは、決して不思議な事ではないのですね。

ヨーグルトの起源の諸説

・紀元前6000年ごろの東地中海で、家畜として飼われていた牛や羊の乳に
乳酸菌が偶然入り込み、ヨーグルトが出来上がった。
その後、シルクロード等を経由し、中央アジア、内陸の遊牧民に伝わった。

 

・紀元前6000年ごろの壁画に、
エジプトで、飲み残した牛乳が発酵したものを食べて見たところ、
それがとてもおいしかったというような内容が記されています。

 

・紀元前3000年ごろのメソポタミア文明では、
シュメールが、牛乳からバターのようなものを作る作り方が
石版に記されています。

 

・紀元前4世紀ごろのロシアでは、クーミスという馬の乳を発酵させた
馬乳酒の記述があります。

日本に伝わったのはいつ?

日本に初めて乳酸菌が伝わったのは、6世紀中ごろ、
朝鮮半島から仏教の伝来と共に伝わったといわれています。

 

そのとき伝わったのは、「酪(らく)」、「酥(そ)」、
「醍醐(だいご)」の三つで、そのうちの「酪」が今でいうヨーグルトです。

 

「酥」はバター、「醍醐」はチーズのようなものだと
考えられています。

 

当時、これらの乳化工製品は、朝廷献上品として納められるような、
とても高価なものでした。

 

ですから、庶民の食卓に上るようなものではありませんでした。

 

一般的な食品として、ヨーグルトやチーズ、バターなどの
乳製品が市場に出回るようになったのは、
それからずっと先の明治時代以降です。

 

日本の最古の医学書といわれる「医心方」には、
酪(らく)」、「酥(そ)」、「醍醐(だいご)」の効能として、
「疲労回復」、「便秘の改善」、「美肌」というような内容が書かれています。